岡山済生会ライフケアセンター 入札情報 お問合せ 個人情報保護方針 関連施設リンク 個人情報保護方針
ライフケアセンターとは?
基本理念
配置図
求人情報
アクセスマップ
   
たちばな苑
なでしこ苑
みなみがた荘
やよいの里
なごみ苑
通所サービス
在宅サービス

やよいの里
 
施設の概要 配置図・設備 入居資格 サービス内容 利用料 入居の相談
 
【施設の概要】


「やよいの里」は、高齢者が自立した生活ができるよう工夫された軽費老人ホームで、利用者の意思を尊重して、自立した生活と社会の一員として共に生活できるよう援助し「安心とやすらぎの生活」が出来る施設です。
現在は自立しているが将来の介護や病気が不安なために早めの住み替えとして利用することができます。介護が必要となった場合には介護保険を利用した特定施設入居者生活介護が受けられます。

施設の名称 ケアハウス 「やよいの里」
施設の種類 軽費老人ホーム 
特定施設入居者生活介護 指定番号3370108569号
施設の目的 老人福祉法及び介護保険法に基づく指定介護保険サービスを提供する施設
開設日 平成10年4月1日
施設の場所 本館7階・8階・9階
入所定員 67名




【配置図・設備】


〈居室内容〉
個室49室・夫婦室9室(床はカーペット敷で、各室にバルコニーを設けています)
〈室内設備〉
バス・トイレ・洗面ユニット、キッチン、電話、緊急連絡装置、個別冷暖房設備、給湯施設、生活サイクルセンサー、テレビアンテナ、物入れ
〈供用設備〉
専用玄関(電子錠システム)、専用エレベータ、食堂、談話室、集会室、ゲストルーム、洗濯室等、最上階に展望浴場を設けています。
※ご希望により駐車場(有料)をお世話します。




【入居資格】

入居時に自立、要支援、要介護の方で、次の要件を満たすものを「入居判定委員会」で協議し承認された者。
1. 年齢が満60歳以上(ご夫婦の場合どちらかが満60歳以上)の者。
2. 入居時の健康診断で重大な疾患が無く、感染症及び精神障害等により他の入居者に迷惑をかけない者。
3. 24時間つきっきりの看護・介護が必要でない者。
(入居中に24時間つきっきりの看護・介護が必要となった場合は、入居判定委員会で協議し退居していただくことがあります。)
  ※退居に際しては、利用者自身の選択する介護施設、又は、同一法人の経営する介護施設等の入所のご相談に応じます。
4. 確実な保証能力がある身元保証人があり、年金等で利用料が支払える保証並びに健康保険及び介護保険に加入している者。



【サービス内容】

1.全ての入居者に対して
 
◆相談・助言 入居者の各種相談に応ずると共に適切な助言及び協力を致します。
◆食事の提供 栄養士が栄養のバランスに配慮した献立と季節に即した趣向を凝らせた食事を提供します。
◆入浴 共同浴室については、週4回以上の入浴の準備を致します。
自室の浴室は毎日使用できます。各自で準備、片付けは行って下さい。
◆健康管理等 定期的な健康チェックにより健康の保持に努めます。
◆入居者の家族との連携 入居者の健康等に変化がある場合には家族に連絡致します。
◆利用者が自主的に行う趣味等の各クラブ活動、グループ活動の支援を行います。
◆その他、施設で計画する各種行事、慰問活動等に参加していただけます。

 
2.特定施設入居者生活介護契約者

特定施設サービス計画に基づいて日常生活の援助を行います。

〔特定施設入居者生活介護とは〕

一部介護が必要となった場合、介護保険の要介護認定(区分:要支援・要介護)を受けられた方に対して、本人の選択により別途契約(特定施設入居者生活介護)をしたうえで、施設職員が介護度に応じたサービスプランにより日常生活上のお世話をする介護保険サービスです。

 

【利用料】

利用料は生活費、事務費、管理費に分かれており、その合計額が利用料となります。
また、特定施設入居者生活介護契約者は別途介護保険サービス費用の1割が自己負担となります。
1-生活費
  入居者の食費(加工費を含む)及び利用者に係わる共通経費に当てられます。
11月から3月の間は冬季加算が加えられます。
2-事務費
  施設職員の人件費及び一般管理費に当てられます。
事務費には、所得に応じて一部補助がありますが、特定施設入居者生活介護契約者の人数により変動があります。
3-管理費
  家賃に相当するもので、部屋の広さにより異なります。
4-その他
  特定施設入居者生活介護契約者は別途介護保険サービス費用の1割が自己負担となります。
 


【入居・見学の相談】


  軽費老人ホーム「やよいの里」事務室
  〒700-0021 岡山市北区国体町3番12号 岡山済生会ライフケアセンター
  TEL:086-252-2878(ダイヤルイン) 



このページのトップへ


広報誌 menu_map お問い合わせ